Grace Encounter

2008年7月 3日 (木)

久しぶりの Grace Encounter~

今日は一日ぐずついていました。みなさんのところはいかがでしたか?

20080703m 朝食。朝の魚はハタハタお味噌汁モズクの三杯酢サラダ納豆。いただき物の大根菜のぬか漬け

20080703l お弁当。サヤインゲンのニンニク醤油炒めイワシの梅煮椎茸・ブロッコリーのジョン

20080703f 午前中、フラワーアレンジメントを楽しみました。

今日は夜、名古屋御国教会Grace Encounter がありましたので、今回はスタッフとして参加しました。主人も午後からお休みをとりましたので、一緒でした。

名古屋駅前で買い物を済ませた後、3時30分頃教会着。

20080703d 最初はスタッフ20名ほどのまかない料理をつくりました。マグロの手こね寿司です。Br. Matsuba さんが三重県で買われたとのことです。マグロの種類はトンボマグロ。新鮮で美味しかったです~サモニン(牧師婦人)の作られたキュウリのキムチ。短時間のうちに、大量のキムチを作られてました。さすが、慣れています~

お味噌汁の味噌は群馬県から取り寄せた麦味噌で、風味がたまりませんでした。味噌汁の具に日本一の生産である三重県産の”あおさ”が入っています。はじめて頂きましたが潮の香りが味噌汁の味を引き立て、なんともいえない美味しさでした!

20080703g 7時から本番の料理をつくりましたが、主任宣教師の故郷の料理、スウェーデンの家庭料理を再現です。野菜スープミートボールジャガイモを特別なソースとリンゴンベリージャムでいただきます。デンマークから取り寄せたベーグル野菜サラダ

帰宅したのは11時近くになってしまいましたが、楽しい時を過ごすことができました♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月12日 (木)

Grace Encounter 10/10回 修了式

20070412m 朝食。サバの開き。大根おろしを添えました。昨日、妹から送られてきた「かば田」の明太子グレープフルーツと新タマネギのマヨネーズ和えです。

20070412l お弁当。ピーマンのタラコ和え豚しゃぶとキュウリのサラダ風。ポン酢を加えました。ニラの卵焼き。ニンニクのすりおろし少々で風味付けしました。

午後、ヘアカットへ。主人の助言もあり、かなり短く切りましたが、ボーイッシュになってしまいました (^^;)

20070412g 今日は、Grace Encounter 修了式。アメリカの卒業式のようにガウンと帽子も貸与され、本格的でした。修了式の中で10週間の記録がプロジェクターで映し出され、喜びが深まりました。李牧師から黙示録20章から奨励の言葉が話された後、わたしたちの所属教会の主任宣教師からの祝祷により終えました。

20070412d 修了式が終わったのは9時近く。お腹がペコペコになりました。今日はバイキング形式で、韓国料理をお腹いっぱいいただきました。その後、証の時を持ち、この10週間の恵みについて分かち合いました。

教会を出たのは11時過ぎ。今日はかなり遅くなってしまいましたが、充実した夜となりました~ (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

Grace Encounter 9/10回

今日は、昨日に引き続き少し肌寒い1日でした。皆さんのところはいかがでしたか?

20070405m 朝食。魚は鰯の丸干し。久しぶりの登場です。大根おろしとシソを添えました。

20070405l お弁当。カボチャの直煮キャベツのサラダピーマンのニンニクしょう油和え。昨夜スーパーの総菜屋で買ったパンプキンコロッケ。

料理教室の日です。今日のテーマは中華。1時間以内で料理ができあがりました。

20070405c 卵とニラのスープ。鶏ガラスープの中にニラと卵、紹興酒、しょう油で味付けしたもの。水溶き片栗粉でとろみをつけました。

春雨と小松菜の和え物。カリカリに揚げた春雨、小松菜、紹興酒、しょう油、オイスターソース、鶏ガラスープで味を調えます。

四川麻婆豆腐。豆鼓を入れて本格的に仕上がりました。最後の化粧油でてかりを出しました。

白身魚の中華蒸し。単純な作り方ですが、かなり美味しかったです。今日は、シズを利用。ネギ、ショウガを敷いて蒸し、中華ソースをかけて香菜を飾りました。

20070405g 夜は Grace Encounter がありました。今日のデコレーションは教会がテーマでした。足跡はみんなの足が教会に向かって欲しいという願いだそうです。

20070405g1 箸入れにも細かいクラフトが施されていました。

20070405g2 ディナーはプルコギ丼。日本の牛丼よりも肉がとろけるように柔らかいという印象でした。

ゲームと賛美の後、メッセージの時間。わたしたちの教会の主任宣教師が説教されました。

テーマは「教会とは何か?

教会はギリシャ語ではエクレシア。特別も目的をもって召し出された者たちも群れといういみで、ライオンズクラブなどの社交クラブの意味で普通に使われていた言葉ですが、聖書の中ではイエス・キリストによって召し出された者たちという意味で使われています。わたしたち一人ひとりは神さまの神殿を形作る一つひとつの石です。またイエスのきれいな花嫁とも表現されています。人間は神さまを賛美し、ほめたたえるために創られましたから、教会で神さまをほめたたえるのは最も自然なことです。教会の中で奉仕し、教会を通して成長し、教会によって宣教していくことが大切です。このような内容でした。

20070405g3 グループ内での交わりの時にデザートをいただきながら、今日のメッセージについて話し合いました。デザートはプリンの生クリーム添え。イチゴとブルーベリーもトッピングされていました。

Grace Encounter の受講は今日が最後。来週は修了式があります。卒業させてもらえるでしょうか~ (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

Grace Encounter 8/10回

午後から曇りだし、少し雨も降りました。みなさんのところはいかがでしたか?

20070322m 朝食。朝のお魚は焼き鮭。卵焼きとシソを添えました。

20070322l お弁当。昨夜のブリ大根卵焼きにはニラを混ぜました。煮物。すき昆布、油揚げ、ニンジンの煮物です。ご飯はおにぎり。ひとつは大根の葉っぱをおにぎりに混ぜました。

20070322g 今日は木曜日。Grace Encounter の夜を過ごしました。今日のデコレーションは"魚"。イエスさまは伝道を漁に例えられたからです。

20070322g1 メインは煮込みハンバーグ。トマトソースで2日間煮込んだという愛情たっぷりの料理です。

20070322g2 ペペロンチーノ。ニンニクがたっぷり入っていました。

ゲームと賛美の後、講義の時間。今日のテーマは伝道はなぜ、どのようにするのか?でした。

伝道はイエスさまの至上命令であり、クリスチャンの義務であること、それによって霊の食べ物を食べることができ、養われること。霊的な祝福だけでなく、この世にあっても祝福を受けるべきこと。伝道はほかの魂を憐れむ心からすべきこと、伝道をする場合は、その人との信頼関係を築いた上ですべきこと。このような内容でした。

20070322g3 講義の後、デザートをいただきながら、交わりの時を持ちました。今日のデザートはマロンクリームケーキ

いよいよ Grace Encounter も残り1回となりました (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

Grace Encounter 7/10回

今日は一日曇り空。はっきりしない天気で、肌寒かったです。みなさんのところはいかがでしたか?

20070315m 朝食。朝のお魚は甘塩カレイ

20070315l お弁当。韓国風ピリ辛唐揚げ。コチュジャン、しょう油、塩、ニンニクとショウガのすりおろしのオリジナルソースに1時間ほどつけ、油で揚げました。ホウレン草のゴマ和えタマネギの梅マヨ和え。梅干しのみとマヨネーズのソースで和えました。

今日は木曜日。 Grace Encounter の日です。修養会で回数を稼いだので今日で13回目となります。

20070315g1 今回のデコレーションは羊。「主は牧者、わたしたちは牧場の羊である」という聖書の御言葉からイメージを膨らませたとのことです。

20070315g2 箸入れにも細かい細工が・・・(*^_^*)

20070315g3 ディナーのメインは、フルーツカレー。特徴その1。鶏肉は口の中に入れるととろける感じで、よく煮込んでありました。特徴その2。辛さと甘さのコラボがすばらしい!フルーツがたっぷり入っていました。主人はおかわりしていました (^^;) キャベツサラダオニオンスープも手作りで美味しかったです!

講義の時間。今日のテーマは「神さまはわたしたちをどのように導かれるのか?」でした。神さまが導かれる方法は1つだけではありません。わたしたちの直感や願いを通して導かれることもあります。聖書の御言葉を通してわたしたちの心に何をすべきという志を与えてくださることもあります。わたしたちはいつも神さまの導きを受けるために、聖書と親しむこと、祈りを蓄えること、自分の思いを捨てること、すべてのことに神さまを認めること、そして神さまのわたしたちへの計画には神さまの時があるのだからすべての祈りについて急がないことが大事です。このような内容でした。

20070315g4 証と交わりの時のデザートは、手作りイチゴムース。イチゴの切り方がプロっぽかったです!

今日も夜が遅くなりましたが、満たされました~ (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

Grace Encounter 修養会 2/2日

寒くなってきました。夕方から雨が降り出しました。みなさんのところはいかがでしたか?

愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2 電話0564-51-2123)での朝です。暖房は夜のうちは切られ、ふとんも薄かったので、寒く感じました。

今日は、午前6時に起床して、早天祈祷会から始まりました。賛美とお祈りの時の後、カナン福音教会(東海市加木屋町冬至池4-319 電話0562-34-5667)松下純先生からメッセージがありました。心砕かれていない人は聖霊を受けることができないことを例を挙げながら説明されました。「手を挙げて祈ってください」、「声を上げて祈ってください」、「証をしてください」とお願いすると多くの日本のクリスチャンは「強制をしないでください」「静かに祈らせてください」「いいえ、わたしなどは・・・」という反応をします。これは謙遜のように聞こえますが、自我=プライドがあるからこのような反応をするのです。わたしは時々たまらなくうれしくなって主に向かって踊るときがあります。最初のうちは恥ずかしいという気持ちがありました。人にどのように思われるかでなく、主にどのように思われるかに心を配るようにしましょう。このような内容でした。

20070310w 朝食の後、掃除、そして休憩。その後、部屋を変えて再び賛美とお祈りの時をもちました。

続くメッセージは、名古屋御国教会先生からでした。聖霊は神さまの御心にかなう人への証印でクリスチャンにとって必要なものですが、異言、預言とイコールではない。聖霊はからし種のようなもので、最初わたしたちの心に入ったときはわからないかもしれないが、成長するに従って大きな木になり、誰でもわかるようになる。聖霊を受けるために、わたしたちは罪人であることを知らなければいけない。またイエスがその罪を滅ぼしたことを信じることが必要です。また人に仕える神と思っていたら聖霊は臨まれない。自分がイエスに仕える、イエスが主人であることを信じなければいけない。このような内容でした。

少しのブレイクの後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

カナン福音教会松下先生からのメッセージ。エペソ5章に「酒に酔うな、聖霊を受けよ」とあります。わたしたちは聖霊を受けるために聖書に基づいて聖霊の嫌うことを避けるべきです。聖霊がともにいれば多くの奇跡を伴います。聖霊の働きは、イエス・キリストを伝えることです。聖霊を受けるとわたしたちは人にイエスのことを伝道したくなります。このような内容でした。

20070310l ランチの時。豚肉のショウガ焼き茶碗蒸しが美味しかったです。その後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

カナン福音教会松下先生からのメッセージ。罪について、義について、示すのが聖霊の働きです。ペテロはイエスに対して「わたしは罪深い人です。わたしから離れてください」と言いました。罪を自覚することなくイエスを知ることはありません。ヨハネ12章に「イエスの奇跡をみてもパリサイ人は信じなかった」とあります。彼らはユダヤ人社会から追い出されることを恐れていました。日本人も周りの人の眼を気にするために信じることができない人が多くいます。若いときの情欲を避けよと聖書に書いてあります。聖霊を受けないで男女交際に入ると肉の欲に支配されてしまいます。コロサイ2章の中に「さわるな、味わうな、触れるな」などどいう規定に縛られることの愚かさについて書かれています。これらは肉の誘惑から何の効果もない。上にある方の聖霊を求めることが大事です。このような内容でした。

少しの休憩の後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

名古屋御国教会先生からメッセージ。カナン福音教会にはトヨタ自動車に勤めている方もおられます。自動車に必要なものは、何でしょう。完成した車であっても車はそれだけでは動きません。エンジンがあっても、ドライバーがいても動きません。必要なものは何でしょう?それはガソリンです。ガソリンがなくても確かに自動車は動きます。それはニュートラルにして自動車をみんなで押せばの話です。それでは疲れてしまいます。信仰生活も聖霊なしに続けようとすれば疲れてしまいます。反対に聖霊に導かれるならとても楽です。みなさんも聖霊に自分をゆだねましょう。このような内容でした。

修養会はこれで修了。とても恵まれた修養会となりました!130名の参加者が玄関前で記念撮影をしました。

20070310d せっかく岡崎に来たので、そのまま主人の実家へ。義母が食事を用意しておいてくださいました。今日は一泊します (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

Grace Encounter 修養会 1/2日

今年の冬は危うさを感じるほどの暖冬でしたが、この3月に入ってなぜかようやく冬らしい日が続いています。みなさんのところはいかがでしたか?

20070309m 朝食。朝のお魚はフキのピリ辛酢和えを作ってみました。

20070309l お弁当。ササミのチーズ和え雷こんにゃくホウレン草のゴマ和え

20070309d 今夜から1泊2日にてGrace Encounterの修養会があります。会場は、愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2 電話0564-51-2123)にてありました。主人は6時に帰宅。すぐに家を発ち、現地に到着したのは午後7時。まずは用意された幕の内弁当をみんなでいただきました。

20070309w 賛美そして祈りの時の後、メッセージを御国名古屋教会先生からいただきました。テーマは、「聖霊はどんな方か」でした。先生はオーソドックスな信仰である長老派教会の牧師として聖霊の働きについても穏当な考えで、異言や預言については過去のことで現在は起こりえないものだと考えていました。しかし今から5年前にある修養会に参加したとき、使徒19章から霊感を受け変られたそうです。そこにはエペソのクリスチャンが聖霊について「聞いたこともない」と答えたのを受けて、パウロが聖霊降臨まで導く様子が描かれています。その後、自分自身も聖霊体験をすることによって解放されていき体のうちから喜びに変えられる経験をしていきました。それは先生の人生の転換点になりました。みなさんもこの修養会が信仰生活の転換点になることを祈ります。このような内容でした。

ミーティングは10時30分頃まで続き、お風呂に入って部屋に戻ったのは午前0時近くなりました。同室の Miranda は若い香港出身の中国人。妹のようにかわいい存在で一言ひと言が愉快でした。以前働いていたときの中国人同僚のことを少しだけ思い出しました (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

Grace Encounter 6/10回

今日も、風が冷たい1日となりました。みなさんのところはいかがでした。

20070308m 朝食。鮭が旬で安価のせいか、最近がよく登場です。今日の鮭は北海道産。脂がのって美味しかったです。

今日は、料理教室の日でした。テーマは春のイタリア料理。春野菜たっぷりのメニューとなりました。

20070308z 前菜。春野菜のソテー・木の実ソースがけです。パルミジャーノチーズを擦って、テフロン加工のフライパンでお焼きにしました。焦げ目がついたら濡れ布巾の上にフライパンをのせると、簡単にはげました。オリーブオイルでニンニク、パンチェッタ、小タマネギ、ズッキーニ、下茹でしたスナップエンドウ、プチヴェール、ふきのとうを加え最後にトマト、こごみを加えて塩胡椒で味付け。木の実ソースは、木の実、ニンニク、クルミをすりつぶし、オリーブオイルでのばし塩胡椒でできあがり。チーズお焼きの上に、これらの野菜をのせて、木の実ソースを周りにかけました。

20070308s ほたるいかと菜の花のスパゲティ。オーリブオイルでニンニク、唐辛子を炒め、ホタルイカをミソをだしながら炒めて、下茹でした菜の花を加えて、熱々のスパゲティをからめてできあがり。

20070308i いさきと春キャベツのアクアパッツァ。アクアパッツァとは、魚介類などを白ワインなどで蒸すものですが、今回は、キャベツの水分と白ワインで蒸すというヘルシーなもの。
素材のうま味を利用した料理です。オリーブオイルでみじん切りのニンニク、イサに焼き色をつけます。ざく切りにしたキャベツをイサキの上にたっぷり覆い、千切りのイタリアンパセリ、白ワイン、塩胡椒で蒸し煮に。イタリアンパセリをふってできあがり。

20070308d デザートは、桜のパンナコッタ。生クリーム、牛乳、砂糖を溶かし、ラム酒をふって、ふやかしたゼラチンを加えて溶かします。フワフワにするポイントは、氷水で鍋ごと冷やし、とろみがつくまで放置。その後、冷蔵庫に入れることだそうです。これで、食感がフルフルッとなり美味しくできました。

20070308b 料理教室から帰ってから、昨夜に一次発酵、朝に二次発酵させ放置しておいた天然酵母のコーンミールブレッドを焼き上げました。

20070308g 今日は、Grace Encounterの日。いつも元気なリズムの音楽で歓迎してくださるのですが、今日はしっとりとしたリズムで歓迎していただきました。今日のテーマはお祈り。デコレーションの図柄は静かに祈るというイメージからロウソクが選ばれたようです。

20070308g1 暗闇の中にロウソクがともされ、クリスマスを連想しました。

20070308g2 今日の料理は割子弁当。サラダ、豆腐、ナスとひき肉の味噌炒め、塩鮭、唐揚げ、キュウリ、漬物、豪華な料理が並びました。美味しくいただきました♪

メッセージは孟兄弟から。祈りはクリスチャンにとって呼吸するのと同じこと。呼吸をしなければ死んでしまうように、祈りをしないクリスチャンは霊的に死んでしまう。神さまはわたしたちにとってはお父さんであり、何でも願い求めることを聴いてくださる。そこには必ず神さまからの回答がある。祈りに対する神さまからの応えには4つあります。1つめ、祈り求めていたそのものをくださる。2つめ、わたしたちにとって悪いことなのでダメだ。3つめ、今はよくないから待ちなさい。4つめ、あなたが求める以上のものを与えよう。神さまはわたしたちに最高の人生を送らせようと計画しておられる。いつも時をもっておられることを知って熱心に祈りましょう。このような内容でした。

20070308g3 その後、グループディスカッション。祈りについての日常をお互いに語り合いました。今日のデザートは、フルーツタルト。アーモンド生地とフルーツの組合わせは好きです。

今日はハードな一日でしたが、お腹がいっぱいになりました。明日からも朝早いです (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

Grace Encounter 5/10回

よく晴れ渡る一日となりました。みなさんのところはいかがでしたか?

20070301m 朝食。朝のお魚は焼き鮭。デザートはバナナです。

20070301l お弁当。キンピラレンコンブロッコリーのゴマ和え。昨夜の残りもの、ブリ大根。ご飯には、かつお節、シソをトッピングしました。

20070301b お昼に一晩一次発酵させておいたイチジクパンを焼き上げました。今回は薄力粉を使わずに最強力粉だけで焼き上げましたがこちらの方が柔らかくふっくらとした出来となりました。

20070301g 今日は木曜日。ということで Grace Encounter の日でした!今日のデコレーションは、聖書。箸置きのデザインからメッセージまで聖書に関することでした。

20070301g1 ディナーは、和食。てんぷらうどん。うどんはよく出汁が出ていて、エビ・タマネギのかき揚げもとても美味しかったです。主人はこれをおかわりしたそうです (^^;) マグロ、イカ、サーモンの刺身山菜炊き込みご飯

20070301g2 Grace Encounter は、教会の方が料理、もてなし、メッセージをすべて無償で奉仕してくださるものですが、一つひとつが手作りで、本当に頭が下がります。ランチョンペーパーには手書きの天使までが・・・

メッセージは、Sr. Udo さんから。「聖書はなぜ、どのようにして読むべきか?」についてお話しされました。聖書は研究するものでなく、神さまの御心を知って、その御心を行うために読むものです。信仰に入る前は、聖書には「○○をしなさい」「○○をしてはいけない」と書いてあって、それを守るのがクリスチャンというイメージがありましたが、読んでみると歴史があり、詩があり、どのようにそれが自分に関わるのかが分かりませんでした。しかし、日々聖書を読む中で神さまがわたしたち一人ひとりに対する思いを与えてくださり、進むべき道を示してくださることを経験しています。皆さんも少しずつでもいいので、毎日規則正しく聖書を読んで尽きない泉から水を汲みましょう。このような内容でした。

20070301g3 メッセージの後、20分ほどのディスカッションの時間。お茶とケーキを楽しみながら互いの証のシェアし合いました。デザートはチーズスフレ。チーズの酸味と砂糖の甘さが融合して上品な味に仕上がっていました。

帰宅は10時30分頃。今日も楽しかった (^^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月22日 (木)

Grace Encounter 4/10回

今日もよく晴れた一日でした。みなさんのところはいかがでしたか?

20070222m 朝食。朝のお魚は焼き鮭です。お味噌汁には菜花をトッピング。ミズナのサラダ。

20070222l お弁当。炒り卵とサヤエンドウのソテー。長ネギを加えました。椎茸とホウレン草のソテーキャベツと干しアジのサラダ。茹でキャベツと焼いた干しアジをマヨネーズで和えました。ご飯は昨夜のパエリアです。

今日は料理教室があり、出席しました。今日の生徒はわたしだけ。というわけで先生とマンツーマンの授業となりました。大根がテーマです。定番料理ですが、より美味しく見栄えよくするコツを教えて頂きました。

20070222c1 ふろふき大根。米、塩、たっぷりの水で大根を茹でます。味噌は、西京味噌、赤味噌、卵黄、砂糖、酒、みりんを混ぜて作りました。

20070222c2 ブリ大根。出汁で大根を煮た後、ブリ、酒、ショウガを加え、砂糖、しょう油、みりんで味付け。

20070222c3 ホタルイカとワケギのぬた。酢でなじませたホタルイカと茹でたワケギを酢味噌で和えました。酢味噌は西京味噌、砂糖、酢、からしを調合して作成。千切り野菜とタラの椀汁。ゴボウ、ニンジン、タケノコ、椎茸、白ネギを千切りにして、出汁で一煮立ちさせ、白ネギ、水菜を加え、ざるにとって油で揚げたタラと一緒に椀に盛って出来上がり。

20070222c4 アナゴフライのみぞれあん。アナゴを霜降りにしてから片栗粉をつけて揚げます。しょう油、みりん、塩、出汁に片栗粉でとろみをつけてから大根おろしを加え、アナゴフライに掛けて出来上がり。大根菜飯。炊きあがったご飯にゴマ油で炒った大根の葉、金胡麻、かつお節をまぶしました。

20070222g 今日は木曜日。Grace Encounter の日です。今日のデコレーションのテーマは。闇夜を照らす光であるイエスさまを月によって表現したとのことです。

20070222g1 ディナーはビビンバ定食。コチュジャンをたっぷり掛けていただきました。コチュジャンはオリジナルだそうです。串に刺してあるのは、ニンジン、キュウリ、牛肉、韓国餅。ワカメと胡麻のスープ。

20070222g2 夕食後、ゲームの時間。ポッキーの先を口にくわえてイカリングをメンバーに渡していって数の多さを競うものです。

続く賛美の時間では、歌いながら体を動かして熱くなりました(^^)/

メインのメッセージ。今日のテーマは「救いの確信はどうして持つことができるのか」でした。お世話になっている教会の朴斗煕伝道師からお話しをいただきました。救いの確信は法的な側面からと経験的な側面の両者から与えられる。法的なというのは、イエスが十字架でわたしたちの救いのために死んで下さったという聖書に書いてあるメッセージから。経験的というのは、わたしたちが救いの確信を人生の歩みの中で体験しているということ。どちらも救いの確信のためには必要不可欠です。このような内容でした。

20070222g3 最後、デザート、フルーツの盛り合わせをいただきながら、今日のメッセージの感想を話し合いました。

帰宅したのは、10時30分。今日は忙しかったですが、充実した一日となりました (^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧