« 紅茶食パン焼きました~ | トップページ | 桃のスープをつくりました~ »

2007年7月22日 (日)

7/22礼拝 最後の勝利者

今日の日曜礼拝のメッセージは主任宣教師から。黙示録20章が聖句でした。

また、死んでいた者が、大いなる者も小さき者も共に、御座の前に立っているのが見えた。かずかずの書物が開かれたが、もう一つの書物が開かれた。これはいのちの書であった。死人はそのしわざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって、さばかれた。(黙20:12)

黙示録で言っているのは、いつ来られるのかは学者によって激しい論争のあるところですが、とにかく主は再び来られるということです。

地獄について語られているのは、当時ローマ政府によって苦しみにあったクリスチャンへの希望として語られているものです。地獄は人のためにつくられたのでなく、悪魔のためにつくられたものです。悪魔が最後に地獄に投げ落とされるから、迫害、攻撃、誘惑に遭っても堪え忍ぶことを勧められたのです。

「信じないと地獄に堕ちる」というのはカルト集団がよく使う手法です。イエスさまはそのようなことは言われなかった。むしろ神さまの恵みについて語られ、罪人でもチャンスがあることを言われました。

今は悪が勝っていますが、ついには悪魔は滅ぼされ、信じる者は最後の勝利者になることを力強く語ったのです。このような内容でした~

|

« 紅茶食パン焼きました~ | トップページ | 桃のスープをつくりました~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7/22礼拝 最後の勝利者:

« 紅茶食パン焼きました~ | トップページ | 桃のスープをつくりました~ »