« Grace Encounter 修養会 1/2日 | トップページ | Cafe Downey でのサンドウィッチ »

2007年3月10日 (土)

Grace Encounter 修養会 2/2日

寒くなってきました。夕方から雨が降り出しました。みなさんのところはいかがでしたか?

愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2 電話0564-51-2123)での朝です。暖房は夜のうちは切られ、ふとんも薄かったので、寒く感じました。

今日は、午前6時に起床して、早天祈祷会から始まりました。賛美とお祈りの時の後、カナン福音教会(東海市加木屋町冬至池4-319 電話0562-34-5667)松下純先生からメッセージがありました。心砕かれていない人は聖霊を受けることができないことを例を挙げながら説明されました。「手を挙げて祈ってください」、「声を上げて祈ってください」、「証をしてください」とお願いすると多くの日本のクリスチャンは「強制をしないでください」「静かに祈らせてください」「いいえ、わたしなどは・・・」という反応をします。これは謙遜のように聞こえますが、自我=プライドがあるからこのような反応をするのです。わたしは時々たまらなくうれしくなって主に向かって踊るときがあります。最初のうちは恥ずかしいという気持ちがありました。人にどのように思われるかでなく、主にどのように思われるかに心を配るようにしましょう。このような内容でした。

20070310w 朝食の後、掃除、そして休憩。その後、部屋を変えて再び賛美とお祈りの時をもちました。

続くメッセージは、名古屋御国教会先生からでした。聖霊は神さまの御心にかなう人への証印でクリスチャンにとって必要なものですが、異言、預言とイコールではない。聖霊はからし種のようなもので、最初わたしたちの心に入ったときはわからないかもしれないが、成長するに従って大きな木になり、誰でもわかるようになる。聖霊を受けるために、わたしたちは罪人であることを知らなければいけない。またイエスがその罪を滅ぼしたことを信じることが必要です。また人に仕える神と思っていたら聖霊は臨まれない。自分がイエスに仕える、イエスが主人であることを信じなければいけない。このような内容でした。

少しのブレイクの後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

カナン福音教会松下先生からのメッセージ。エペソ5章に「酒に酔うな、聖霊を受けよ」とあります。わたしたちは聖霊を受けるために聖書に基づいて聖霊の嫌うことを避けるべきです。聖霊がともにいれば多くの奇跡を伴います。聖霊の働きは、イエス・キリストを伝えることです。聖霊を受けるとわたしたちは人にイエスのことを伝道したくなります。このような内容でした。

20070310l ランチの時。豚肉のショウガ焼き茶碗蒸しが美味しかったです。その後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

カナン福音教会松下先生からのメッセージ。罪について、義について、示すのが聖霊の働きです。ペテロはイエスに対して「わたしは罪深い人です。わたしから離れてください」と言いました。罪を自覚することなくイエスを知ることはありません。ヨハネ12章に「イエスの奇跡をみてもパリサイ人は信じなかった」とあります。彼らはユダヤ人社会から追い出されることを恐れていました。日本人も周りの人の眼を気にするために信じることができない人が多くいます。若いときの情欲を避けよと聖書に書いてあります。聖霊を受けないで男女交際に入ると肉の欲に支配されてしまいます。コロサイ2章の中に「さわるな、味わうな、触れるな」などどいう規定に縛られることの愚かさについて書かれています。これらは肉の誘惑から何の効果もない。上にある方の聖霊を求めることが大事です。このような内容でした。

少しの休憩の後、再び賛美とお祈りの時をもちました。

名古屋御国教会先生からメッセージ。カナン福音教会にはトヨタ自動車に勤めている方もおられます。自動車に必要なものは、何でしょう。完成した車であっても車はそれだけでは動きません。エンジンがあっても、ドライバーがいても動きません。必要なものは何でしょう?それはガソリンです。ガソリンがなくても確かに自動車は動きます。それはニュートラルにして自動車をみんなで押せばの話です。それでは疲れてしまいます。信仰生活も聖霊なしに続けようとすれば疲れてしまいます。反対に聖霊に導かれるならとても楽です。みなさんも聖霊に自分をゆだねましょう。このような内容でした。

修養会はこれで修了。とても恵まれた修養会となりました!130名の参加者が玄関前で記念撮影をしました。

20070310d せっかく岡崎に来たので、そのまま主人の実家へ。義母が食事を用意しておいてくださいました。今日は一泊します (^^)/

|

« Grace Encounter 修養会 1/2日 | トップページ | Cafe Downey でのサンドウィッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21414/5657379

この記事へのトラックバック一覧です: Grace Encounter 修養会 2/2日:

« Grace Encounter 修養会 1/2日 | トップページ | Cafe Downey でのサンドウィッチ »