« 牡蠣ニラキムチをつくりました! | トップページ | カルシウムたっぷり料理! »

2007年1月12日 (金)

カスレが美味しかったです!

今日は少しだけ曇りましたが、晴れのよい天気でした。みなさんのところはいかがでしたか?

20070112m 朝食。朝のお魚は鰯明太お味噌汁にはいつもの白菜の代わりに春菊を入れてみました。コクがあり美味しいというのが主人の評価でした (^o^)

20070112l お弁当。根菜とキクラゲのキンピラ。きくらげとニンジン、ゴボウをゴマ油で炒め醤油、酒、みりんで味付けました。ニラ卵には花鰹をトッピング。モヤシのナムル

お昼に1ヶ月ぶりに料理教室があり朝から参加しました。今日のテーマはフランス料理で、習ったのは3種類でした。

20070112l1 前菜は、白魚のクネルのベシャメルソース和え。ミルクとバターを溶かし、小麦粉を加え、塩胡椒とカイエンヌペッパーで味を調えたものに卵黄を加えて混ぜ、まずは生地作り。卵白と塩でメレンゲを作り、白魚のすり身と先ほどの生地を加え、熱湯に落とし固めました。ベシャメルソースとは、ホワイトソースのこと。バターを熱した鍋に小麦粉とミルクを加え、とろみがつくまで煮詰めて出来上がり。

20070112l2 メインは南仏料理、カスレ。先生によれば、南仏にあるカスレ街道沿いの村おこしのための創作郷土料理だそうです。

鍋にさいの目に切った豚のバラ肉、みじん切りのタマネギ、ニンジン、セロリ、ニンニク、クローブ、ナツメグ、ローリエを入れて、2時間ほど煮込みます。さらにミックスビーンズの水煮を加えて30分ほど煮て、塩胡椒で味付けしておきます。豚肉ロース、ソーセージを軽く焼き色をつけた後、先に作っておいた煮物で覆い、オーブンで1時間30分ほど煮込んで出来上がり。

20070112l3 デザートは、イチジクのガレット・デ・ロア。先生によれば、東方三博士が幼子イエスを訪問した日(1月6日)を記念するカトリックのお祭り、公現祭に食べるお菓子だそうです。フランスではこれを食べないと1年が始まらないといわれるほどポピュラーなものです。ハロウィーンがいつの間にか日本に取り入れられたように、この風習も日本人に迎え入れられるのではというのが先生の予想です (^^;)

まずはカスタードクリームから。最初、鍋にミルク、砂糖、バニラを入れて火にかけます。次にボールに卵黄と砂糖を加えよく混ぜ、コーンスターチを加え、ミルクを混ぜていきます。これを鍋の方にすべて入れ、火から下ろしてバターとラムを加え、仕上げにアーモンドパウダーを混ぜて出来上がり。

パイ生地を上下2枚焼き、下生地の上にカスタードを乗せ、ラム酒に浸けておいたイチジクを並べて上生地を乗せて完成です。

20070112d ディナーのメインは、ビビンバ丼。醤油、にんにくのすりおろし、ゴマ油、砂糖で味付けした牛肉のソテー、ニンジンの千切り、ワラビ、ホウレン草、茹でモヤシ、にそれぞれゴマ油、砂糖、塩、にんにくのすりおろしで味付け。半熟卵、海苔をトッピングして、コチュジャンをお好みで加え、かき混ぜていただきました。スープは、キムチスープ。コンソメにキムチとワカメを加えただけのシンプルなスープですが、キムチが絶品のためか、とても美味しかったです。

夕食後、眠たくて少し寝ていましたが、その間に主人はプールへ行って350m泳いできたとのことです (^^;)

|

« 牡蠣ニラキムチをつくりました! | トップページ | カルシウムたっぷり料理! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カスレが美味しかったです!:

« 牡蠣ニラキムチをつくりました! | トップページ | カルシウムたっぷり料理! »