« 梅干し奮闘記~その1~ | トップページ | 収穫の一日 »

2006年7月 2日 (日)

手巻き寿司を作りました!

今日は時折激しい雨の降る一日でした。湿気はありますが、だいぶ涼しくなりました。みなさんのところはいかがでしたか?

20060702m 朝食。先日作った天然酵母パンは残りを冷凍しておいたのですが、一部解凍して今日の朝食に登場です。トマト、ハム、クリームチーズをふんだんにのせて、もぎたてバジルをトッピングしました。クリームチーズは日本のものでなく、フランス製のkiriをいつも使っています。味わいや食感が全然違うからです。サラダには、サニーレタス、たまねぎを入れて、オリジナルドレッシングをかけました。ドレッシングには、エキストラバージンオイル、塩胡椒、酢を入れました。ビシソワーズ。ジャガイモとタマネギをコンソメスープで煮て、豆乳を加えました。いつもは牛乳なのですが、今日は豆乳にしましたが、よりマイルドに感じました。

今日は日曜礼拝の日でした。メッセージは主任宣教師の方が担当されました。聖書箇所はロマ書12章から。異言と預言の違い、預言は未来のことを占うことでなく、神さまのご意思を伝えること、預言は個人への呪いの言葉でなく、励ましの言葉であること、異言はよいものであるけれども、個人の徳を高めるものであって、教会の徳を高めるものにはならないことなどを話されました。それと同時にロマ書12章と第1コリント人への手紙12章が同じ聖霊のたまものについてのパウロの理解が述べられていて、聖霊のたまものと神の愛は密接に関連していることを教えてくださいました。

礼拝後に洗礼式があり、Utsumiさんが受洗されました。ノン・クリスチャンの方のためにご説明しますと、洗礼式とは牧師が水の中に信徒を沈め、再び水の中から引き出すことによって、イエスさまの付けられた十字架の上でともに死に、新しい人生を始めるということを象徴的にあらわしたものです。この儀式以降、信徒として正式に認められるわけです。ちなみにわたしが受けたのは12年半前の冬のことでした。

その後に聖餐式があり、パンとブドウジュースをいただきました。これまたノン・クリスチャンの方のためにご説明しますと、パンはイエスさまの肉体、ブドウ汁はイエスさまの血を象徴してまして、イエスさまの十字架を記念する儀式です。毎週行う教会もありますが、多くは月1回です。

聖餐式の後、今度は昼食会がありましたので、こちらの方も出席しました。子供も含め総勢30名ほどが参加。みんなでカレーをいただき、Utsumiさんの受洗記念パーティーとなりました。後片付けが終わったのは午後3時頃。

それからホームセンター、電気屋さん、スーパーなどでいろいろ買い物を楽しみました。ほかにも住宅展示場も見学してきました。ここは教会から帰宅する途中にある展示場で、以前から気になっていたので、見学させてもらいました。ウレタン断熱の家で、とても快適でした。とはいっても、別に家を建てる予定はないのですが (^^;)

20060702d 今日のディナーは、手巻き寿司にしました。具はマグロ、卵焼き、サニーレタス、キュウリ、ツナマヨネーズ。マグロはしょう油、みりんで漬けにした。具は残り物がほとんどですが、このようにして食べると少しリッチな気分になります(^^)/

|

« 梅干し奮闘記~その1~ | トップページ | 収穫の一日 »

家庭料理:野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手巻き寿司を作りました!:

« 梅干し奮闘記~その1~ | トップページ | 収穫の一日 »