« 日本的食事 | トップページ | 祝い膳 »

2006年4月15日 (土)

なんちゃってマクロビオティック

今日はあまりはっきりしない天気で、小雨が終日舞う小寒い一日でした。みなさんのところはいかがでしたか?

20060415m 朝食。お魚はハタハタの焼いて、シソと作り置きしていたフキの煮物を添えました。お味噌汁は赤味噌仕立てで、油揚げ、ワカメ、エノキをたっぷり入れて、細ネギをトッピング。納豆には花がつお、シソを加えて、細ネギをまぶしました。ほかに小鉢にひよこ豆とトマトサラダを特製ドレッシングで和えました。

20060415l お弁当には、鱈の焼き魚、作り置きしておいたひじきの煮物、サヤインゲンの練りゴマ和え。鱈はしょう油とみりんで焼きました。ミニトマトを添えました。

今日は午前中、新しい韓国語講座があり、出席しましたが、そのお出かけ前にちょっと一仕事 (*^_^*) 黒豆作りに挑戦。昨夜豆を水に浸けておいたものをアク抜きして、砂糖としょう油を入れて圧力鍋で出来上がり。これを夕方まで味をしみこませておいて、夕食に登場させました。

韓国語の第1回目は効果測定も兼ねた授業で、わたしは入門と初級の分かれ目だったのですが、口頭試問などを受けた結果、なんとか初級OKということになりました。ちょっと不安ですが、とりあえず半年ぐらいがんばってみようと思います。

授業後、クラスのみんなでトンカツのお店にランチを食べに行きました。わたしは冷や奴定食を頼みましたが、その量にビックリ。とにかく質より量という感じで、腹ぺこの男の人にはいいのでしょう。

買い物を済ませて帰宅したのは、3時30分頃。4時30分に主人が帰ってくるまでディナーの下ごしらえをしていました。

5時30分に教会の信徒の方が創設したコミュニティハウス、通称「バルナバハウス」でピアノコンサートが開かれるとのことでしたので、聴きに行きました。ピアニストは明日も教会で演奏されるシグフリート・ティッパーさん。ダイナミックなトークと演奏にとにかく圧倒されました。

20060415d ディナーはプチ・マクロビオティック。午前中に作っておいた黒豆、レンコンと新じゃがのの煮物、ひじき、フキ、サヤインゲンの白和え。お汁は一番出汁にシメジを入れて卵とじにしたもの。肉を使わない料理に徹しましたが、卵を使用してしまったため、マクロビオティックの認定からは外れてしまうのでしょう~(^^;)

|

« 日本的食事 | トップページ | 祝い膳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃってマクロビオティック:

« 日本的食事 | トップページ | 祝い膳 »